最後の一輪まで、熱帯のお花の楽しみ方

おはなし・写真/土屋ともみ(borderless wedding) 編集ファナアーシー

お花って面倒?どう飾ればいい?


お花を頂いたけど、買ってみたけど、どうやって飾ろうか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?飾る場所もないし、手入れも必要で面倒って思う時も。


そこで、おうちで、簡単に飾る方法をTROP(トロップ)さんにお邪魔して聞いてきました。




まずは、そのまま花瓶にいれてみる。 



お花を頂いたり購入した場合は、吸水スポンジにアレンジされているものと、ラッピングに包まれている花束と大体2通りに分けられます。

どうしていいのか、わからない場合はまずはそのまま飾ってみましょう。

お花屋さんは、そのまま飾れるようにバランス、色、長さを整えた状態で皆さまにお渡ししています。

 

吸水スポンジの器に入ったアレンジメントは、お水をスポンジがヒタヒタになるぐらい追加します。そのまま状態を見ながら傷んだ葉っぱやお花を取り除きながら飾っていくと長くお花を楽しむ事ができます。また、どんどん本数が少なくなってきた場合には、花瓶や一輪差しなどで楽しめます。

花瓶や一輪挿しを使って



今度は、花瓶や一輪挿しに移して花を飾るのもお試し頂きたいです。

花瓶の形で、口が広かったり逆に細かったり花瓶の色や高さや様々な要素があります。しかし、何よりも一番大切なのは、水替えと水揚げです。水揚げも色々な方法がありますが、茎を1センチ〜2センチほど良く切れるハサミでカットしてください。お花が枯れるのは、水を吸い上げる事ができなくなる事が原因です。

新鮮なお水を変えることで、細菌の発生を防ぎ、茎を新たに切る事で導管からの水の吸い上げが良くなります。


最後の最後まで、簡単にできる浮き花について



生花を長く楽しむにあたり、直射日光や湿度や乾燥など飾る場所に気をつけるのはもちろんですが、やはり自然の生きているもの。必ず役目が終わる時が来ます。

花の状態にもよりますが、最終的には、思いっきり茎をきり花首だけを残し水に浮かべる飾り方もあります。簡単ですが、誰でも雰囲気よく飾る事ができます。


器を選ばないのもおすすめです。平らなお皿などにも軽くお水を張るだけで飾れます。



お花って手間で面倒って思う事もありますが、まずはやってみてご自身にあった楽しみ方や、一人でもできる丁寧な時間を楽しむ事ができますよ。

特に島のお花は、パワー溢れてます。

是非、色々とお試しください。